2017年10月05日

長戸家の子供と神戸牛

ここの所毎回書いていますが、朝晩が本当に肌寒いですね。
昨日は中秋の名月と言うことで、秋が深くなりました。
寒くなってきて、食欲の秋・・・という事で、お鍋が食べたくなる季節です。
鍋料理は色々ありますよね。すき焼き、湯豆腐、ふぐ鍋、よせ鍋などなど。
ただ鍋料理はある意味決まりが無いというか、自由なものですよね。
食べる人が自由に好きな材料を入れて好きな味付けをするのが醍醐味ですよね。
味付けで言えば、キムチ鍋や胡麻豆乳鍋なんかも定番になってきましたね。
長戸家の子供はやはりすき焼きが大好きです。
牛肉は長戸家では神戸牛が多いですね。神戸牛は「神戸ビーフ(但馬牛たじまうし)」と言って、日本三大和牛の1つと言われているんですよ。
神戸牛は本当に美味しいお肉ですから、ステーキとして焼くだけで、神戸牛の美味しさを引き出す調理法が一番良いのですが、
すき焼きにしても本当に美味しいです。当たり前ですけどね(笑)
みなさんも神戸にいらっしゃる事がありましたら是非神戸牛を召し上がってみてください。
posted by 長戸千晶 チアキス at 10:44| Comment(0) | 長戸千晶 チアキス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください